《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 工芸菓子展 (@2009さがみはら菓子まつり)

<<   作成日時 : 2009/10/26 09:02   >>

トラックバック 0 / コメント 32

仕事帰りで通りかかった駅の、大きなスーパー。
催事場で工芸菓子展が行われていました。(このノイベントは25日で終了しています)

あまり時間が無かったので、ゆっくり見学というわけにはいかなかったのですが、
皆様にも、目でおいしい のおすそ分けを 

画像



画像


                 ↑ 説明文です (大きな画像はクリックで拡大可)


画像
画像



   少数派ですが洋の作品も



画像


             愛嬌たっぷりです


画像
画像


   質感が、聞かないと食材と思えない感じで不思議


画像
画像



   飾って眺めていたいですね

画像





すばらしい職人技の数々の中、下の2作品が私のお気に入りでした

画像



画像





鳥さんの羽の感じは、花や葉の作品たちの、光沢のある感じと違いまして、
これがけっこうリアルでした。


画像
画像


   見るだけで、おお〜 っと楽しかったけれど、例えば
   ”こうれとあれを、練って、こう加熱するとこの光沢が出ます” とか、
   解説員みたいに、質問に答えたり説明してくださるかたが、
   いてくれたら、より楽しめたと思います。
   (職人技だから作り方は極秘かしらね?)


携帯での撮影でしたので、写りがいまひとつなのがご容赦くださいませ。


私の芸術の秋は、やっぱり食へ繋がってしまいました(笑)



  ランキングに参加しています ポチッ☆と応援の1クリック宜しくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング



グルメ ブログランキング


お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
らいむさん
コンニチハ
工芸菓子展
おぉ〜っと!なっています。
美しいですね、
らいむさんのお好きな牡丹かな、
とってもキレイ☆

職人技
教えて貰いたいなぁ

ショウガ紅茶
カラダあたたまります
アリガトウゴザイマス
brooklyn bug
URL
2009/10/26 10:38
こんにちは♪
日本人の手先の器用さは並大抵なものではないですね
本物と見間違えてしまいました
素晴らしい職人技!ありがとうございます
コケ魔女
2009/10/26 11:18
わぁ♪
すごい芸術ですね〜
こういうの作れる人って尊敬しちゃいます
りっちゃん
2009/10/26 12:00
素晴らしい作品ですね!!
お菓子の材料で、出来ているとは驚きです。
加工するには、かなりの熟練技が必要なんでしょうね。
花びらが、とても繊細に見えますね(^^♪
tortoiseshell
2009/10/26 14:04
こんにちわ〜♪

工芸菓子展ですか〜。
すごいですね!!

これが全部お菓子で出来ているとは・・・w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!

ポチ☆
 
杏大ママ
URL
2009/10/26 14:18
こんにちは^^

全部 お菓子なんですね!! すごーい
こういうのを 目にする機会って 滅多にないので・・
びっくりですねぇ。。

コメレス
娘たち。。好奇心旺盛というか・・
なんでもやってみたいんです。。

料理を作るのはいいんですが、時間がかかって。
まだ帰って来ないで!って 電話が来るので、
寒いのに 結構 時間潰ししたんですよ

stany
URL
2009/10/26 17:03
brooklyn bugさん

早く良くなるといいですね。
偶然通りかかった工芸菓子展、
目と心の保養になりました。
らいむ
2009/10/26 18:18
コケ魔女さん

西洋の飴細工の華やかな美しさとまた違って
(↑これも日本のかたが優勝されたりしていますが)
落ち着きのある華やかさも良いものだなと思いました。
らいむ
2009/10/26 18:21
りっちゃん さん

こうしたプロの職人さんでも2ヶ月も
かかるようですから、気合がこもっていますよね。
らいむ
2009/10/26 18:22
tortoiseshell さん

ほんとうに素晴しく、
もうちょっと立派な装飾をして置いてあげたら・・と
思うくらいでした。
作品は、どれくらいの期間、お店に置いておけるのかしらね〜。
らいむ
2009/10/26 18:25
杏大ママさん

お菓子の家もすごいけれど、
お菓子の鳥も、なかなかですよね♪
らいむ
2009/10/26 18:26
stanyさん

偶然、良いものを見ることが出来ました♪
・・記念日のご飯、力作だったのですね。
らいむ
2009/10/26 18:27
すごいですね〜。
みんな食べられるんですよね?
氷細工や野菜の飾り切りなどいろいろ見たことがありますが、工芸菓子は初めて見ました。
まさに芸術&食欲の秋ですね。

ポチッとな。
ゆなママ
2009/10/26 19:21
お菓子とは思えない、素晴らしい出来です。
作るのも大変だと思うけど、配置やデザイン考えるのも、きっと時間かかるんでしょうね。
こういうのって、展示だけだと見て「ふぅ〜ん」で終わっちゃうから、飴細工教室とか一緒に併設してくれると、もっとすごさがわかると思うんですけど、なかなかないですよね。
あずきねこ
2009/10/26 21:37
すごいですね
全部これ食べれるってことですよね?
これ展示終わったら食べるんでしょーか?? な訳ないですよね
食欲の秋に芸術の秋ですね
すごーーーい
器用な根気のある方が沢山いらっしゃるんですね
すごいなー
Sakura
URL
2009/10/26 22:09
ゆなママ さん

食べて食べられないことは無い・・という程度だと思います。
食べるための作品ではないということだと思いますよ。
芸術的ですよね〜。
らいむ
2009/10/26 23:10
あずきねこさん

飴細工は無かったので、工芸菓子とは別のカテゴリーなのでしょうね。
生菓子と違って数ヶ月かかるものを実演で見せるのも難しいでしょうし、
単純なものではないので教室は無理としても、解説してくれるかたが
いてくれると色々聞けて楽しかったかな〜と思いました。
らいむ
2009/10/26 23:12
Sakuraさん

展示されていたものは、食用にはならないでしょうね。
食用目的で作られるものではないので、
材料が食用でも、食べるためのものではないから、
食べておいしい・・かは、難しいところでしょうね。
あくまで芸術として楽しむのがよいのだと思います♪
らいむ
2009/10/26 23:14
菓子工芸、お菓子の家やお城などお菓子そのもので出来た
作品は見た事がありますが、お菓子の材料で作られたのは
初めてです
どの作品も高度なテクニックが感じられて素晴らしいですね
正に職人技ですね、技量の世界だと思います
かぼす
2009/10/26 23:47
かぼす さん

私も、シュガークラフトや、お菓子の家など
西洋のものは見たことがありますが、
日本のものも、すごいですね〜。
驚きました。
らいむ
2009/10/27 00:20
素晴らしいの一言です。
勿論食べはしないけれど、ずっととっておけるものなんでしょうか?
蟻が寄ってきてグチャグチャにされちゃったら悲しいですよね。
やはり西洋ものよりも和風のものの方が難しそう。
何故か我が愚夫もいるし(笑)
これを家に置いて、喧嘩したらお腹から齧るっていうのもいいかも!
タヌ子
URL
2009/10/27 00:40
応援ぽちん。
むーみん
2009/10/27 00:46
TVチャンピオンみたいですね〜
まじかで観てみたかったな〜

世の中には器用な方がたくさん、いらっしゃるんですよね〜
ひろりん
2009/10/27 08:09
タヌ子さん

砂糖がかなり入っていますものね〜。
高温や湿気に弱いんじゃないかしら。
関東の梅雨や夏は越せないんじゃないかと予想します。
西洋の飴細工なんかでも、温度と湿度の管理出来る倉庫へ
入れながら作ってますものね。
らいむ
2009/10/27 08:53
むーみんさん

応援ありがとう☆
らいむ
2009/10/27 08:53
ひろりんさん

そうそう、TVチャンピオンみたいでした(笑)
手先の器用さに加えて、根気や集中力の持続が
必要だから、すごい世界ですね〜。
らいむ
2009/10/27 08:55
こういうの大好き♪ こちらでも行われてる時は確実に行きたいイベントです!こちらでやっていたのは 洋部門と和部門とがあって 更には協賛の会社(?)のあんことか豆とか(なんであったんだろ?)も売ってて凄い楽しかったです(^^)
まるおお
2009/10/27 09:24
まるおおさん

和洋。どちらも見れるなんてステキですね♪
北海道は産地だから、豆や餡も売っていたのでしょうね。
この会場でも、和菓子やロールケーキが
販売されていたのですが、もう夕方だったせいか、
ピンとくるものが無くて買ってきませんでした。
らいむ
2009/10/27 21:09
相模原でこんなイベントがあったのですね!
最後の蓋作品、本物に見えます(*ε* )
桃璃
2009/10/29 23:16
すごいっす!ほんと、職人芸ですね

これ全部食べられるんでしょうが・・・
これは食べずに眺めていたいですねぇ
はんまこ
2009/10/31 07:09
桃璃さん

そごいでしょ〜。
ジャスコでやってました〜(笑)
細かい細工ですよね。
らいむ
2009/10/31 20:58
はんまこさん

説明文にありますように、食べるためには作られていません(笑)
材料は食品なんですどね(^-^)
らいむ
2009/10/31 20:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
工芸菓子展 (@2009さがみはら菓子まつり) 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる