《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS サルティンボッカ 庭のセージで

<<   作成日時 : 2015/12/19 20:59   >>

トラックバック 0 / コメント 10

話が途中になっていた、連勤最終日の晩ごはん。

伊勢丹で買ってきた、北海道産仔牛のステーキ用ロース肉(大奮発)でサルティンボッカ。

画像


 毎日の応援 よろしくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング人気ブログランキングへ

手早く買いたかったので、すでにカットされていたステーキ肉を1枚購入。
150gちょっとでした。

とにかく自分ご褒美食材として”伊勢丹だから仔牛が買える” と勢いで材料ゲット。
眠さ限界の頭の中ではドナドナの歌が流れ続ける。
何作ろうかな〜。と、思考停止で寝落ちしそうな電車の中で、すぐに出来上がるサルティンボッカに決定。
駅前でイタリアの生ハムを買い足して帰宅。庭のパープルセージが通年使えます。

画像


厚さ1、5cmほどだったので、厚みを半分に切り、叩きます。
軽く塩・コショウし、庭のセージの葉を乗せ、パルマの生ハムを乗せ、両面に軽く小麦粉を振ります。

画像


フライパンにバターを溶かし、肉を生ハムの面から先に色よく焼き、
裏返して白ワインを投入。少し焼けば完成です。

画像



うんうん仔牛〜。 淡い色に合ったやさしい味わい。ぁぁ頑張って作ってよかった。
雨が少ないこの時期のハーブは、意外と香りが強いので、
豚のつもりて使ったらセージが少し多かった(でも好き〜)

画像


仔牛はうちのあたりでは買えないお肉。国産なのも嬉しい。
ヨレヨレに帰宅し、仕事道具片付けて消毒したりして、
肉を焼くだけで0時をまわり、つけ合わせを作る気力が皆無で
庭にワサワサ茂っているチャービルをむしってきてお皿に(汗)

同じく庭からルッコラを抜いてきて、冷蔵庫に有ったトマト、アボカド、紫タマネギと一緒にサラダにしました。
シェリー酒ビネガーと少量のオリーブオイルをかけるだけで十分味わいが有ります。

画像


自家製ハーブたちに助けられました。

しかし、2階のストックからキャンティーを掘り出してくる気力が無く、
1階のワインセラーにあったカヴァ(スペインの泡)を、料理前から氷水で追冷。

画像


じぇる子さん・・油断も隙もありゃしません。
暖房でぬくぬくの体には、氷水が美味しいのでしょうか・・

そしてこの夜、当然のように、このままホカペで寝オチ(爆)
こうして食べて飲んでるので、毎度乗り切って復活しております。

お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ドロドロに疲れてるのに
こんな手の込んだ美味しい物作るなんて〜尊敬
私は間違いなくデパ地下の出来上がったお惣菜買って
食べますわよ〜
hisami
2015/12/20 16:56
脳内でドナドナがループするほど眠い時なら
きっとコンビニ弁当で済ませてしまうな〜

美味しいお料理とお酒が らいむさんの活力の素なんですね
grazie
2015/12/21 21:00
気になっていたドナドナの正体が分かってすっきりしました!
仔牛、フランスではごく普通に売られているけれど、確かに日本ではあまり見かけませんね。
それだけ牛の頭数に違いありってことですよね。
サルティンポッカは作ったことなかったけど、この時期唯一ハーブで生き残ってるセージを使って作ってみよう。
↓日本は通販、デパ地下、誘惑が沢山あり過ぎて、完全無視は難しいですよね。
ル・クルーゼ、こんな商品も出してたんですね。
フランスに住んでても全然知らない私(汗)
タヌ子
2015/12/22 19:10
こんばんは。
ドナドナ状態でこのお料理、素晴らしいです!
見習わなくては…サルティンボッカも挑戦出来るかな?
私も仔牛を求めてドナドナド〜ナ〜←違う(笑)
ふっこ
2015/12/23 17:04
子牛 旨いんだろうな〜〜
娘っち 肉牛農家になれば良いのに…
いや ホルに和牛掛け合わせればいいんだし
バターの確保も楽な酪農がベストか…

じぇる子ちゃんにわが家の庭の雪を差し入れたい〜♡
まるおお
2015/12/24 15:59
メインのお肉もサラダもおいしそう!素敵〜〜。私も、まねして作ろうかな〜〜。まあ、同じくはならないでしょうが、それなりに〜〜〜出来るかも〜〜〜。?
miniko
2015/12/25 10:34
疲れて帰って来てもコレだけのことをするなんて。
やっぱりウチにらいむさんが欲しいなぁ〜(笑)

氷水を吞むじぇる子さん、可愛いですね〜
瓶の中も呑んでみたい!と思っていたら
さすがらいむさんちのお嬢ちゃんですね(笑)
TとK
2015/12/25 15:40
思考停止に近づきつつもおいしいものをよりおいしく作る思考は研ぎ澄まされている!飽くなき食への道ですね。
じぇるこさんがかわいすぎるー。うー。
くろねこ・ぷぅ
2015/12/25 16:02
こちらまだ、2015年。大晦日の今夜、このレシピをまねしてやってみました。
ダン蔵(夫)大喜びでした。ありがとうございます。

Happy New Year!
miniko
2016/01/01 13:46
早速作られたのですね。行動的〜。
ご主人様にご好評で良かったですね♪
今年も宜しくお願い致します☆
minikoさんへ
2016/01/03 20:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルティンボッカ 庭のセージで 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる