《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊勢鮨で握り (@小樽)

<<   作成日時 : 2013/10/10 18:35   >>

トラックバック 1 / コメント 5

小樽1日目の1件目は、「伊勢鮨」へ。
今回の旅、お寿司屋さんの中で”ここへ行ってみたい” と思ったお店です。

後から地図を見ると、(急なので直前までバタバタしながらスケジュール組み)
宿泊した小樽駅前の天然温泉付きホテル「ドーミーインPREMIUM小樽」からも
歩いて5〜6分と思われる距離。チェックインまで時間があるのでクロークに荷物を預けて行動開始♪

画像


 毎日の応援 よろしくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング


急に決めた旅だったので、すぐに予約の電話を入れたものの、すでに10日くらい前。
評判の良いミシュラン☆のお店、さすがにカウンターは満席でしたが、
平日の昼だったこともあってかテーブル席を確保できました。

一番多い16貫コース(5,800円)と迷いに迷ったけれど、この後の胃のスケジュールのことを考えて、
北海道産だけを使っている12貫コース(3,700円)を選択。
いつもの私だったら、すかさずビールで乾杯するところですが、
長い1日のスケジュールを思い浮かべ、グッと堪えてお茶でいただきました。


テーブル席なので、2回に分けて運ばれてきました。
煮切りや塩などで味付けされているので、何もつけずにいただきます。

前半の6貫。

画像



平目、時鮭、〆鰊。

画像



ボタン海老、北寄貝、帆立貝。

画像



あら汁

画像




後半6貫

画像



ズワイ蟹、蝦蛄(メス)、水ダコの頭。

画像



軍艦。 ウニ、イクラ、タラコ。

画像




たいへん美味しくいただきました。無言になっちゃいますね。
1つ1つが美味しく食べられるようにと、技と気持ちが伝わってきました。
口にすると自然に体になじんでいくようなお寿司。このまま食べ続けていたい・・と思いました。
旅のスタートで、一番おいしい魚介をいただいた感じ。

お店では新人の若き3代目が運んで説明してくれましたが、接客も丁寧で好感が持てました。

貝類も鰊も素晴しかったけれど、タコの頭を、こんなに品良く美しく、おいしくいただいたのは初めてです。
旬が8月までらしい(?)ウニと、そして蝦蛄については子持ちのメスでしたが、これは味わいがいまひとつかも。
秋の小樽の名物、オスの大型蝦蛄を食べてみたかったのですが、(11月にはシャコ祭り有り)
まだ10月に入ったばかりだと、その年にもよるのでしょうがオスの漁期は開始前のようでした。
四季それぞれに、おいしいお魚をいただけるのでしょうね。

伊勢鮨は、お店仕込みのイクラや塩辛などを通販でお取り寄せすることも出来ます。


そして、持ち帰り生オヤツの記事 に書いたように
駅のマルシェに、支店的なお手軽立ち食い寿司のコーナーも有ります。
昼休憩は午後4:30までだったので、翌日ギリギリ帰宅電車の後の時間になるので立ち寄れませんでしたが、
食べたかったなぁ。それが心残りです。(←今後続く記事で、”まだ心残りがあるの?” と言われそうですが)

お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小樽ビール「小樽倉庫No.1」  ビアホールと醸造見学 (@小樽)
忘れた頃に続きを書いております。小樽弾丸ツアー。 年内に書き終わるのを目標に気は焦っていましたが、何とも時間が取れずにギリギリ。 さて、年内にほんとに書き終わるのでしょうか〜(汗) ...続きを見る
《情熱の胃袋》〜Citrous Bouq...
2013/12/28 21:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
小樽ですか〜

きっと、らいむさんの紹介ということは、かなりな味なんでしょうね〜
ひろりん
2013/10/10 18:52
脳みそが寿司モードのスイッチ
入りました〜〜☆
hisami
2013/10/11 07:24
いつか行ってみたいな、このお店。φ(。。;)メモメモ
あら汁は、味噌仕立てかな?
casa blanca
2013/10/11 08:29
うんうん あそこのお兄ちゃん一生懸命な感じが可愛かったねぇ〜〜^^
そんで 一生懸命英語でネタの説明しようとしてるのがまた良かった
なんだかんだで いい感じの人が多い町でした^^
まるおお
2013/10/11 11:10
こんにちは。
上品な雰囲気のお寿司屋さんですね。
こんな風にじっくり味わうのも素敵。
北海道でがっついた自分を反省(苦笑)
ふっこ
2013/10/11 15:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊勢鮨で握り (@小樽) 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる