《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「小樽雅叙園」 で仙鳳趾の牡蠣と海の幸 (@小樽)

<<   作成日時 : 2013/10/13 14:48   >>

トラックバック 1 / コメント 5

ホテルで温泉に浸かり、ひと汗流した後、
目指したのは、ガイドブック等に載っていないけれど、ネットで検索して見つけた
北海道産牡蠣の食べられるお店。 「小樽雅叙園」 1日目の5件目。晩ごはんに突入です。

しかも、特別美味な仙鳳趾(せんぽうし)産を扱うというのが魅力的。

ホテルから徒歩20分弱のようだけれど、時間は20時なので、乙女たちはタクシーで向かい、
花園十字街の信号を曲がって花園3丁目にある店を目指してもらった。

画像



 毎日の応援 よろしくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング

美味しそうな空気が漂ってます。

画像


夜になったので、いよいよ本格的に乾杯です
北海道限定のサッポロクラシック生。ウマい。 この後私は、同サッポロクラシック瓶へ。

画像
画像





お通し。お店の顔。丁寧な仕事ぶりがうかがわれ、ホッとします。
カボチャを入れた卵豆腐に、粗くおろした山芋と生ウニが乗っています。

画像
画像


「本日のご案内」 から、「生秋刀魚」を注文するも、この時間すでに品切れ。
ネタケースの中で存在感を示す「小樽前浜のシャコ」を。
この日2度目のシャコ。1件目と同じ子持ちのメスでした。この時期シャコは少量しか出回らないそうですが、
やはり、旬を迎える直前で逃した日本一大きなオスのシャコを食べられなかったのは残念。

画像



いよいよ仙鳳趾の牡蠣。まずは外せない生牡蠣で。

画像


仙鳳趾は厚岸湾の中でも特別おいしい牡蠣の産地だそうで、
なるほど。冬の真牡蠣に珍しく、夏の岩牡蠣のように濃厚なクリーミーさを持っているんですね☆

牡蠣だけのコース料理があるほどのお店なので、単品の牡蠣料理も豊富。
まるおおさん が、店のご主人に牡蠣のおすすめの食べ方をうかがうと、
「蒸し牡蠣」もいいですよととおっしゃったので、蒸し牡蠣も注文(1枚目の写真も蒸し牡蠣)
加熱してもこんなに肉厚でふっくら。

画像


こちらはかなり磯の香りが強く(ここまで強いのは初体験)、ワイルド感たっぷりでした。

ちなみに牡蠣料理はどれも1皿3個の設定だったので、
” 色々食べたいから、二人なので1皿2個で出していただけると嬉しいのですが ” と言ったつもりだったが、
1皿4個ずつで出てきたことは、まぁいいかと流しつつも(笑)、このため牡蠣料理は2種類で打ち止めに。
牡蠣の磯部揚げや茶碗蒸しなんかも美味しそうでした。


魚介ばかり食べ続けるには、箸休めに野菜も少し挟んでおきたかったので、
北海道らしい行者ニンニク(アイヌネギ)の味噌漬けを注文。

画像



こちらはニシンの握り。(上の店名からリンクしてある「ぐるなび」で会員用シークレットクーポン利用)
これもこの日2度目ですが、2店とも美味しかった。

画像


新鮮なニシンを軽く〆て握る。小樽では日常なのでしょうが、ニシンの握りは北海道のお魚を扱うお店へ
行かないとメニューに無いので、今までに2度くらい食べたことがある程度。
私にとっては好印象の、今回の旅の味の1つでした。

牡蠣料理を押しつつも、地モノを使ったお寿司もあります。お店に入ってカウンターだけ見ると
お寿司屋さんのようにネタが並んでいるので、お寿司を中心に食べに行くのも良さそうです。
(2階にはお座敷があるそうです)


素材が良いからこその、温かいお料理もいただきたかったので、
「小樽銭函産の北寄貝」を焼きで注文。美味しかった〜。

画像



お目当ての仙鳳趾の牡蠣と、小樽の海の幸を味わい、次のお店へは繁華街を歩いて移動。


お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小樽のシャコ 六花亭のイチゴジャム
小樽の旅では、少し時期が早く、思う存分食べられなかったシャコ。 (こちらの記事参照) ...続きを見る
《情熱の胃袋》〜Citrous Bouq...
2015/11/25 22:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
牡蠣が2個〜4個に増量されてるには
お店の策略?(笑)
色々〜食べたいと思うよね〜
でも胃袋にも限度が?ある??かな???(爆)
hisami
2013/10/13 17:58
色々食べたいですよね〜

雅叙園といえば 目黒が浮かぶんですが、
それとは違った趣。
こちらは海の幸がいっぱいですね
grazie
2013/10/13 19:10
そっか 牡蠣は磯っぽい味だと思ってたけど
他はそうでもないんだ〜〜
冬にガンガン(一斗缶の浅くなったようなヤツ)入りの買ってそのまんま火にかけて蒸すのもあんな感じで〜〜す^^;
まるおお
2013/10/14 00:19
新鮮な魚介類は、当たり前で、ふんだんに頂けるのでしょうけど、
カボチャを入れた卵豆腐に、粗くおろした山芋と生ウニですかぁ。
こんな一品、食べてみたいです。
casa blanca
2013/10/14 05:46
むむー!
仙ぽうしの牡蠣、食されたのですね〜。どこのかなー?と思ったんですが、今、根釧地区(?)じゃイチオシのブランド(?)ですよね。
で、地元民のこだわりとしてはせんぽうしは厚岸じゃない!とのこだわりがあるんどすー。釧路町昆布森です。昆布の豊富な場所と荒海にもまれ・・なんでしょうねぇ〜。東京に行ったりしても皆に勧めるわたしですが、意外と厚岸でもサロマでもあっさり、磯の香りでおいしくいただいておりますが・・・
くろねこ・ぷぅ
2013/10/17 10:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
「小樽雅叙園」 で仙鳳趾の牡蠣と海の幸 (@小樽) 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる