《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS シイタケのエスカルゴバター焼き サーモンナイフ

<<   作成日時 : 2015/02/19 01:23   >>

トラックバック 0 / コメント 3

大きくて厚みのある生シイタケ。シンプルに焼いたところを想像しただけで即買い。

エスカルゴを焼いたときの残りのエスカルゴバターを冷凍してあったので、
シイタケのエスカルゴバター焼き。エストラゴンやニンニクの香るハーブバターです。

画像


 毎日の応援 よろしくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング人気ブログランキングへ

軸も立派なので、傘の内側に刻んで乗せ、エスカルゴバターを乗せてオーブントースターで焼き、
仕上げに、お醤油少々垂らして香り付け。噛めばジューシーなキノコの旨味とバター。
ハーブ・醤油の香りが口の中でジュワっと弾けるおいしさ。

画像



昨年買った、自分用道具シリーズ。まだ有りまして、羽田空港で買ってきた、佐藤水産の北海道鮭燻製に、
いよいよ本格的な出番! と、取り出したのが、

画像


ジョエル・ロブションのオリジナルナイフ(Made in Japan@新潟県燕市というところがまた良い)
ハム・サーモンナイフ。全長約46cm。ローストビーフや焼豚などブロック肉にも使えそう。

「大きな骨付きハムの塊やサーモンもきれいに、薄く切り分けることが出来ます」ということですが、
この鮭は所謂スモークサーモンではなくシッカリ熱の入った燻製。
ポソッと身割れしてしまうので、厚さ3mm程度が精一杯でした。

画像


自家製なのは、ラディッシュ(大玉にならなかった)と、1月下旬に収穫した今期最後の獅子柚の果実。
それから合鴨のスモークとサラダオニオン。新タマネギが出てきましたね。

ラム肉を、スパイスと自家製醤油麹に漬け込んであったので、2色のピーマンと一緒に焼きました。

画像



*****

割引チケットがあったので、とてもお安く買えた、泡6本セット。到着。
フランスのスパークリング(ヴァンムス-)が中心。
ぁぁ、あると飲んでしまう泡。自分では止められない〜(笑)

画像



お酒といえばついにサントリーからも、果汁感あふれるチューハイ「こくしぼり」が発売されました。
しかし、あからさまに「本搾り」と同じフレーズが・・

画像
画像


アルコール度数は、本搾りよりちょっと控え目。

甘味や酸味の加減。香りなど、味わいは好みによりますが、
キリンブランドになる以前のメルシャン時代から本搾りのファンだった多数のうちのひとりとしては、
やっぱりこれからも、本搾りを贔屓にしそうです。


お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
このメニューは
ワインかそれ系の泡よね☆
あぁ〜らいむさんが我が家に居ればいいのに!”
hisami
2015/02/19 09:46
おぉ かっちょいいナイフ!
火の入った燻製 旨そうだな〜〜
ちょっくら佐藤さんトコ見てくるか♪
まるおお
2015/02/19 17:11
肉厚のシイタケ ただ焼いただけでも美味しそうなのに
エスカルゴバター!
それは反則技ですね
あ〜 お腹が鳴りそうです^^;
grazie
2015/02/19 20:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
シイタケのエスカルゴバター焼き サーモンナイフ 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる