《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 釣りカンパチのプライwithタルタルソース キャロット ラペ

<<   作成日時 : 2014/01/28 20:08   >>

トラックバック 0 / コメント 5

これも先週の釣り魚を使ってのメニュー。今回はカンパチです。
もちろん、お刺身でもとびきり美味しいのですが、冷たいお刺身ばかりでは体が冷えるので、
贅沢にも、フライにしてみました。

画像


 毎日の応援 よろしくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング

八百屋さんで国産のライム(小粒でカワイイ)が手に入ったので、ライム添え。

野菜は赤ピーマンとスナップえんどうの素揚げ。
繁忙期用に買っておいた市販のエビフライも一緒に揚げたのですが、
メインはもちろん、カンパチ☆1サク約300gの物を5枚のそぎ切りにしてフライに。

画像



<メニュー>

・カンパチとエビのフライ 自家製タルタルソース添え
・赤ピーマンとスナップえんどうの素揚げ
・キャロット ラペ
・レンズ豆のトルコ風スープ

丹波ワイン 丹波ヌーボー2013 白


お刺身でいただけるのですからミディアムくらいで引き上げ、余熱で中に火を通す。柔らかで美味しい〜。

画像


タルタルソースには、ケッパー、タマネギ、ゆで卵、マヨネーズ、そしてディルたっぷりのハーブビネガー、コショウ。
ディルとケッパーの香りがたまりません。

タルタルだけだと飽きるので、ウスターソースでもいただきました。

画像
画像



スープはタヌ子さんからいただいた、トルコのインスタントスープ。
これはオレンジ色のレンズ豆とトマトを使ったスープですが、お豆は粉末状のようなので、
レンズ豆を追加して煮込んでみました。

画像
画像


ミントなどハーブが香り、爽やかで美味しいスープ。
夫もたいへん気に入っていました。(うちの夫はトルコ料理を作ると、すごく合うらしくいつも喜びます)

画像



キャロットラペ。我が家では定番料理ですが、昨年は抵糖質をかなり心がけていたので、
あまり登場しませんでした。(現在はゆるやかに継続中)

今回は、ビネガーはウォールナッツビネガーとシェリービネガー使用。
ウォールナッツビネガーに漬けたレーズンを軽くレンジでチンして置いておき、レーズンを少し柔らかくする。

画像
画像


シェリービネガー、色は濃いですが、ニンジンなので大丈夫。

オイルはオリーブオイルとアボカドオイルの2種を使い、塩、コショウで味を整えしばらく置きます。

画像


アボカドオイル。これは食用だけれど、乾燥した季節、ボディートリートメントに使いたくなる〜。
化粧品用アボカドオイルではないけれど、これならば何か使えそうな気もする〜。

画像
画像



ニンジンを太めにしたので(キンピラ用スライサー使用)
野菜室で冷蔵しておけば、3日経ってもおいしくいただけます。

画像


お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
カンパチはお刺身のイメージが強いのですが
確かに、火を通して食べても良いのですよね。
こちらに伺うと、毎回新たな発見があります!
ふっこ
2014/01/28 20:23
フライ物を作る時、中まで火が入ったかな?と心配になってつい揚げすぎ
身が堅くなってしまいます
写真をみているだけで やわか〜い感じ伝わってきて
あ〜こんな風に揚げたいなと ため息ついてました。

grazie
2014/01/28 21:45
カンパチのフライは確かに贅沢☆
カラリと揚って美味しそうだわ♪
私は昨夜鱚の干物を焼いてマリネに浸けました
アルコール解禁日の昨日は丹波ワインと共に
美味しく頂きました♪
丹波ワインまとめ買いしました(爆)
hisami
2014/01/29 09:29
余談ですが・・・
私の同級生でトルコ人と結婚した人がいて
旦那様はトルコ料理のお店を経営しています。
らいむさんが旦那様と北海道にいらした時には
是非どうぞ〜(*^_^*)
TとK
2014/01/29 10:14
カンパチを揚げちゃうなんて、お刺身に飢えている私にはあり得ない発想。
こちらでフライにするお魚はぱさぱさしたものが多く、こんなしっとりした身のフライなんて食べたことがありません。
スープ、私が食べたヨーグルトベースのスープは酸味が強すぎて美味しくなかったけれど、これは大丈夫だったみたいですね。
良かった。
タヌ子
2014/01/31 09:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
釣りカンパチのプライwithタルタルソース キャロット ラペ 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる