《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 小樽は観光客のお土産ショッピングに便利だった

<<   作成日時 : 2013/10/09 19:35   >>

トラックバック 0 / コメント 7

普段、国内旅行は夫と一緒で車のことも多いし、
海外へ勉強に行く時は、行きの荷物を処分してでも、
重い食器や書籍、食品に雑貨と全て持ち帰っているので別送したことが無かった。
(外国から送っても無事届く保障が無いから・・)
しかし今回、この小樽という町では、別送の快適さを知ることになりました。

そして、旅から帰って3日後に届くことで、荷物の整理が終わった後に、
落ち着いてお土産の整理が出来るのも、いいですね。

こちらは「北一ガラス」の系列3店舗分の買物を送ってもらった物。

画像


 毎日の応援 よろしくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング

沢山ある系列店のどこで後から買っても、同一梱包1送料で送ってもらえる便利さ。

最初に食器を見に行って「野ぶどう」の彫られたフルートグラスを購入。
もうガラス製品や食器を買う予定も無かったのに、地酒のお店に入って、お土産用の日本酒を購入したら
同行の まるおお さんが、包装紙が「北一」で系列店?と気づきました。
酒ビンもガラスだそうです(笑)

結局、一緒に送ってもらえるのならと、小樽ビールや鮭の魚醤油等々重いビン詰め類を多数購入。
薄くて繊細なフルートグラスと重い酒類などを同梱で大丈夫なの? と、念のため確認してしまいましたが、
さすがガラス専門店。 届いたダンボールを開封すると、ギッシリと入った緩衝材。

画像


これにハサミで穴を開けて処分するのに多少の時間を要しましたが(笑)


しかも店頭の「イタリア赤スパークリング辛口」に惹かれてフラリと入ったイタリアワイン専門店も系列店。
(ヴェネツィアガラス関連でイタリアワイン?)
イタリア全土から厳選した中には希少な物もあるそうです。
結果、北海道製フルートグラスとイタリアの赤い泡が、よく冷えてクール便で到着(爆笑)

画像


すぐ乾杯できる状態でしたが、作夜、先に小樽ビールを飲みました。
酵母が生きている小樽ビールは日持ちも短く、冷蔵でないと送れないので、
同梱の物たちも冷えひえで届いたわけです。

画像
画像


いや〜、便利すぎて買っちゃいますね。商売上手なガラス屋さんの前で、喜んでネギを背負った私でした。

***

話はこれだけではありません。
旅行のガイドブックなどを見ると、小樽では、同じ市場内であれば、別の店舗で買った物も
同梱して送ってくれるシステムがあると書いてあり、冷蔵と冷凍は別になりますが、
市場で買物をすると、魚屋さんと、乾物やさんと、八百屋さんの品物を一緒にして送れるんですね。

ここまでは、” あら便利ね〜 ”  と思うわけですが、
市場に関わらず、個人店舗など、町ぐるみで、この親切さが感じられるのです。


こちらは堺町通りの昆布専門店「利尻屋みのや」から送ったもの。
昆布を買ったら、その時点で買物していた市場の物や全く別のお店で買物したお菓子などを、
「一緒に入れてお送りしますよ」と言われてビックリ。

画像


昆布の他、有名菓子店(笑)のお菓子や、
市場で買っていた重くて大きい天然キノコの塩漬け(普通重くて買わない?(笑)等々、
すごーーく助かりました。

そういえば「ルタオ」はどういうシステムなのかしらね〜?。
ルタオは2店で食べ歩いたけれど、買物した他の店舗でも、そこから送るほど大量に買わなかったから未確認。

画像
画像


画像


いちいち1店舗ごとから発送したら、送料ばかりかかって負担になりますし、
自分でまとめてホテルから発送するのも箱を買ったり色々たいへんです。

観光客の立場からはとても嬉しいですし、町全体の売り上げアップと発展に繋がる
素晴しい思いやりだと思いました。
それに、印象良く気分良く帰ってきたから、「今度通販でお取り寄せもしようかな」という気持ちにもなります。

・・他の観光地も、取り入れるべきだと思います〜。



画像


届いた作夜は、早速「おさしみ昆布」を戻してサラダを作り、
今朝は味噌汁に「納豆昆布(がごめ)」を投入。
今夜は柔らかくて食べられる「湯豆腐昆布」を使って湯豆腐をいただく予定です。

海草大好きな私、昆布製品も何種類か買ってきたので、
この数日で増えた分の体重を戻すのに、昆布も活用したいと思います♪

お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
わぁ〜便利!
お客様の立場にたった発想!すばらしいですね。
荷物のことを考えて あきらめちゃうことってありますものね
うれしいサービス!ついつい買いすぎちゃうかも(笑)
grazie
2013/10/09 21:53
うん あれは便利なシステムだったね〜〜
私はやっぱりエキモルタオの隣の喫茶店のケーキが気になるっけ
来月寄ってみようかな〜〜と考え中です♪
その時何気にルタオの発送事情聞いてみよ〜〜(何か私も気になってきた)
まるおお
2013/10/09 23:17
嬉しいサービスですね。
それにしても、気持ちがいい大人買いですね。(*^ ^* )V
フルートグラス、素敵です。
casa blanca
2013/10/10 07:03
札幌と小樽は近いので、本格的な観光?
のような事はしたことが無かったので
荷物を一まとめに送れるとは知りませんでした!
素晴らしい観光地ですよね。
あそこは暮らすところというよりも遊びに行くところですね♪
北一ガラス、見てるとアレもコレも欲しくなっちゃう〜
TとK
2013/10/10 10:48
ん?
わたしは沖縄と釧路で「これ、一緒に入れて送ってください」と言ったら「いいですよ」と言われましたが、そういうことではなくてですか??
それにしても、瓶物は重いし、北一土産は重たい物三昧だから、国内旅行は「送り」がなにしろ便利ですね??
くろねこ・ぷぅ
2013/10/10 11:14
幸運な旅をされてきたのですね♪
私、過去の人生で、あちこちで断られた経験があります〜。
市場や観光お魚センターなどでも、周囲の他店と品揃えは似ているので、
「うちの店にもある商品なのに向かいの店で買った物を一緒には送れないよ」
ってことなのでしょう。
北海道で例えれば「うちのホッケの干物を買ったのはいいけど、うちにも有る
鮭とイクラを向かいで買って、それを一緒に送れですって?いやいや無理だよ。
うちで買ってよ」ってな具合と説明すると分かりやすいでしょうか。

もう1パターンは、街歩きで色々買った時に、それらもついでに同梱で送って
くれるか? というところですが、
今回のように、乾物屋さんが大きなビン詰めやお菓子を・・となると、
中でビンが割れたら乾物やお菓子全てダメになってしまい、また
重いビンのせいで乾物や菓子の中味が崩れてしまっていた時の責任の所在、
商品の保障になった時の面倒さだったり、あちこちの買い集めで合計金額も不明。
・・みたいなところを避けたがるように思います。
トラブルになった時を考えてのことでしょうね〜。

くろねこ・ぷぅさんへ
2013/10/10 20:40
こんにちは。
久しぶりにパソコンを起こし
伺ってみれば何と小樽旅行!
わくわくしながら読んでおります。
四月の自分達の旅も思い出されますわ...
観光地の配送システム、便利になってほしいですよね。
ふっこ
2013/10/11 15:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
小樽は観光客のお土産ショッピングに便利だった 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる