《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 二見温泉 蘇民の湯 「ホテル清海」 (@伊勢 二見)

<<   作成日時 : 2013/01/12 16:28   >>

トラックバック 0 / コメント 8

午後2時半、ようやくホテルに到着。
(13大特典色プランというのを利用したので14時からチェックインできました)
「ホテル清海(せいかい)」 は、海沿いに建つ宿で、
目の前の広い砂浜は、夏の海水浴も楽しそうです。

画像


 毎日の応援 よろしくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング

オーシャンビューの部屋からの眺めは気持ち良く、左手には遠くに夫婦岩が見えます。
(1枚目の写真)

昭和を感じさせる年季の入った建物ですが、眺めが良く居心地の良い部屋でした。

1時間ほど体を休め、眺めの良い4階の大浴場へ。
広い海の向こうに富士山も見えました。
カイトを手にしたサーファー。2時間くらい波を楽しんでいましたが、極寒のこの日、気合ありますよね〜。
お風呂を出て部屋に戻った夕暮れ間近に撮ってみました。

画像



ホテルの温泉紹介です。
寒くて風が強かったので、露天(室内の窓無しの感じ)には、お湯で十分温まった最後に入湯。
もちろん朝にも入りましたが、日本有数の良質療養泉なだけあって、いいお湯でした。

画像


画像



お料理も、13大特典プランで、1人に1匹伊勢海老のお刺身付き。
夜・朝 ともに広間での食事なのですが、追加料金を払って夜だけは部屋出しにしていただきました。
晩ご飯は畳の上で、ゆっくり飲んで、ゆっくり食べたいですから〜。
時期的にお忙しいでしょうし、お料理は一度に置いていっていただいちゃいました。

ただ、運んでくれた中居さんからお料理の説明はほとんど無し。
お味は悪くないのに、そこは、かなり残念な感じでした。

画像


画像


イセエビ、プリプリ〜。
そして感心したのは鯛のお刺身です。
前回は鳥羽市畔蛸(あだこ)町の民宿へ泊まったのですが(記事はこちら
西タイプのいかったお刺身で歯がたちませんでした。
同じタイプが出てくるだろうと予測していたのですが、こちらの旅館では、東京からの人に合わせてくれるようで、
熟成して旨みが出ている、馴染みのあるタイプの鯛のお刺身だったので、たいへん美味しくいただきました。


前菜とモズク酢

画像
画像



フタ物です。と置いていかれた物。開けてみたら中身はブリ大根でした。
これくらいは説明してほしいかも(^-^;

画像



茶碗蒸し

画像



各自の小鍋はスキヤキ。和牛ですが、松坂牛かどうかは説明が無いので不明(笑)
少なめに見えるけれど、重なっていて、適量で、お肉も味も美味しかったです。

画像


画像


卵はだいぶ余ったので、最後はくず切りを卵とじにしていただきました♪

画像



今までの流れに合わない感じの、いきなり家庭的な、厚みのある かき揚げ。
半分は天茶にすることに決定。

画像


画像



お昼は貝だけで、主食の糖質を摂らなかったのは、いつもの生活よりも早い時間の晩ご飯で、
少し主食もいただきたかったから。

それにしても、伊勢。 昼の焼き貝のお店もそうだけれど、出汁がちゃんと美味しいのが嬉しい。
なので普段は残すお吸い物も、いただいてしまう。

画像



デザートの寒天は、ひと口ずつ味見だけ。抹茶味と、カキ氷のイチゴシロップ味(笑)

画像
画像



13特典の1つ、おかみ特製伊勢うどん。
うどん専門店の味は期待しないけれど、これはイマイチで残念。食べきれず。
スーパーで買って帰った伊勢うどんのほうが美味しいです(汗)

画像
画像


これも特典の、夜食のオニギリ。
私が爆睡した後に出てきたようで、朝撮影。いずれにしても炭水化物はもうストップでしたけれど。



冷蔵庫を含め、部屋のドリンク料金。ビール中ビン1本750円は、生ビールは、なんと1杯850円。
昭和の時代の熱海価格みたい(^-^; 所々、時が止まっているのを実感できる宿かもしれません。
それでもやっぱり温泉にビールはつき物なので、部屋の冷蔵庫からビンビールを飲みました。
冷蔵庫のビンビールの他、1階ロビーの自販機で、スーパードライの缶ビール500mlが600円で
購入できますので、そちらのほうが、やや割安です。

画像


お宿の焼酎セットというのは、おそらく、1階の売店で売っているオリジナル焼酎(麦・芋各2,000円)の
ボトルと思われ、氷のお値段の高さを実感できそうです。

特典には、カラオケルーム1時間無料券 なんていうのもあったのだけれど、
部屋でさえこのドリンクの料金設定では、庶民の私たちには恐ろしくてお店に足を踏み入れられず、
持って行ったスパークリングワインを部屋でコッソリ飲んで(ぉぃ)バッタリ寝ました。


*****

早起きして朝風呂に入った後、朝ご飯は大広間で、部屋番号の書かれたテーブルに着席。
時間は選べるので、8時に指定。

画像


おかずは定番の、ごく普通の物が並んでいますが、
嬉しかったのは左上の、源泉を使った「蘇民の湯の豆腐」 湯豆腐の茹で汁も残さずいただきました。

画像


昨夜、天茶で衣の小麦粉と、ご飯を少しいただいたので、朝は主食抜き。
(この後、ランチに焼き牡蠣食べ放題へ向かうので)
私たちには、夜にいただいたイゼエビの殻を使った海老汁が別途運ばれてきます。

普通に付いている、アオサの味噌汁と、大きな器で運ばれてくる海老汁のダブルなのだけれど、
これがどちらも美味しくて、残さず完食。
伊勢、ダシとか汁物、最高です。

画像



チェックアウトしつつ、ラウンジ(夜はカラオケスナック)で、これも特典のコーヒーサービス。
館内暖かかったので、アイスコーヒーをいただきました。

画像




従業員のかたたちの平均年齢、もしかしたら70代かもしれません。
このため(?)接客は、お食事も含めて家庭的とも言えますが、
全体的にスローテンポで、仕切っているようなかた以外は丁寧さに欠けるかも。


お湯が良く、部屋からの眺めも良く、味付けのベースも良かったので、
温泉旅館としては、満足でした。
但し、もし酒飲み同士の旅行だったら、だいぶコスパが悪いでしょう(笑)

お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
伊勢海老のお刺身、めちゃくちゃおいしそう!
頭を朝食にみそ汁にしていただけるのも嬉しいサービスですね。
生ビール、プレモルと言えども850円はお高くてビックリ。
ゆなママ
2013/01/12 18:00
今どきは冷蔵庫もからっぽで
お好きに使ってくださいの風潮の中
そこかしこが昭和なんですね(爆)
西はお出汁が美味しいのよ
これは西の自慢です(笑)
hisami
2013/01/12 18:50
さすが伊勢、伊勢海老の刺身おいしそうですね。
で、西タイプのいかったお刺身って・・・?
歯ごたえがあるのか・・・
刺身も東とは違う歯ごたえ?
うーん、柔らかい鯛の刺身が想像できないかも。
応援☆☆☆
ブルー・ブルー
2013/01/12 21:18
昭和がところどころに残っているお宿ですね。
懐かしい様な・・・
そういえば、昔泊った宿の冷蔵庫。
飲み物が固定されていて、他の物は入れられないようになっていたっけ・・・
庶民の私たちは、外で買って来たものをこっそり飲んでました^^;

イゼエビの殻を使った海老汁!美味しそう♪
grazie
2013/01/12 21:33
こんにちは。
素晴らしい風景に、おいしそうなお料理。
自分も行っているような気分で拝見しております。
どーこーかー、いーきーたーいー...
心の叫び(笑)
ふっこ
2013/01/13 12:44
あ〜〜 海老汁がいいなぁ〜〜♡
従業員平均年齢のお高い事が デザートのトホホに繋がってる気が〜〜
いや 私はどんな宿にもおやつは持ち込んでますっけ良いんだけどね〜〜
まるおお
2013/01/13 14:45
あ〜〜 海老汁がいいなぁ〜〜♡(上と一緒)
でも鯛のお刺身あたりいい感じじゃないですか,羨〜♪
まりりんまんしょん
2013/01/14 00:27
オーシャンビュー眺め
いいですね〜
二見岩もみられるんですか?
近くに住んでるので、こういう旅館は
泊まった事がないですが
一度泊まってみたくなりましたw
由乃
2013/01/14 19:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
二見温泉 蘇民の湯 「ホテル清海」 (@伊勢 二見) 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる