《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛カルビの柔らかオニオンステーキ ゴーヤーチャンプルー ♪オカワカメのグリーンカーテン♪

<<   作成日時 : 2012/07/12 13:34   >>

トラックバック 0 / コメント 9

6月下旬に発収穫した今年のゴーヤー第一号。
やっぱり一番よく作る、卵とゴーヤーのチャンプルーになりました。

画像


 毎日の応援 よろしくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング


ゴーヤーを炒めて、沖縄の長コショウ「ピィヤーシ(ヒハツ)」を振り、
コーレーグースの代わりに、自家製の唐辛子漬の焼酎を振り、
卵をからめて、出来上がり♪
味付けは、塩(ゴーヤーと卵に)のみ。余分な物は使わないのが好きです。
盛り付けたら、カルオブシをトッピング。


ピーヤーシを使ったレシピは、過去に色々ご紹介していますので↓ご参考までにリンクを。

 ・フーチャンプルー
 ・豚肉団子と乾物の煮物
 ・ハヤトウリの炒め物(チャンプルー)


この日のメニューは

・牛カルビの柔らかオニオンステーキ
・ゴーヤーチャンプルー
・ビーツとオリーブのマリネ スナップエンドウ添え
・オカワカメのおひたし

画像


ビーツとオリーブのマリネのレシピはこちら。
彩りに、塩茹でしたスナップエンドウを添えました。

画像




さて、メインは牛カルビのステーキ。
普段見かけない、オージービーフのステーキ用のカルビ肉をスーパーで発見。
1パック500円也。試しに買ってきてみました。
厚みがあるけれど、もしかしたらスジっぽくもありそうな・・

画像


卓上炭火焼きしたいところなのだけれど、深夜の晩ご飯で炭おこしは
ちょっと時間的に余裕も無いので(^-^; フライパン焼きで美味しくいただけないかなぁと、
家にある物で、柔らかステーキを目指しました。

カルビ以外のステーキ肉でも、同じように作れます。



 牛カルビの柔らかオニオンステーキ

< 作り方 >

キウイフルーツ。生り口側って、芯が深くて、えぐり取らないとならないですよね。
そちら側をザックリと2cmほど切り落として、その部分の身を、すりおろします。
そして、同量くらいのタマネギも、すりおろします。

画像
画像


袋に、お肉と一緒に入れて揉みこみ、冷蔵庫で30分くらい寝かせます。

画像



お肉の表面をペーパータオルで拭き(完全に拭き取れなくてもOK)塩・コショウを振ります。
ゆっくりと温めたフライパンで、お好みの加減に両面を焼きます。

画像
画像









肉を取り出したフライパンに(洗わない)、酒・味醂・醤油を加えて煮立て、
おろしタマネギ1/4個分を加えて煮立てた物を、お肉にソースとしてかければ完成。

キウイとタマネギのダブル酵素で、柔らか〜♪

画像


和風ソースなので、大葉と一緒に食べるのも好相性♪
肉好きの夫に、大好評でした。


*****

この日も、おひたしで登場している、オカワカメ。
こちらも順調に、日々茂って、すっかり緑のカーテンになっています。
私のお昼ご飯が麺類だと、サッと茹でたものをトッピングの1つとして加えています。

画像


子蔓も孫蔓も、たくさん出て、上へ上へとヒョロヒョロ伸びたがるので、
巻いた蔓をほどいて、こんなふうに、下のほうのネットへと絡ませ、軌道修正しています。

画像


写真、上のほうの赤い茎が二股に分かれていますが、子蔓が出て別れている部分。
上のほうへ伸びたものを、ほどいて50cmくらい下のネットへ絡ませて修正後、しばらく経って
葉も大きくなっています。

オカワカメの栽培も、他の野菜たちと同様に、

*****

植え付け。5月上旬。 有機培養土+元肥。

6月15日。液肥で追肥。

6月27日。中耕して粒状肥料の追肥。牛ふんたい肥も追加し、有機培養土で増し土。

7月10日。液肥で追肥。

以降、だいたい、液肥を月に2〜3回。粒状肥料を月に1回。
時々牛糞やたい肥料を入れて育てていきます。

*****

6月27日、中耕、追肥と増し土をしたところ。この後、水をたっぷりと与えました。
2株植わっています。

画像




お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
ビーツ、なかなかお目にかかれません。
野菜も結構珍しいのが置いてあるのがイオンだけ。
今日もいろいろ見て回ったけれど、無いです。(涙)
酵素のパワーで肉を柔らかくすると、おいしいですね。
つい、キウイはそのまま食べちゃいます〜
応援☆☆☆
ブルー・ブルー
2012/07/12 18:05
シンプルisベスト☆
卵とゴーヤのチャンプル美味いよね♪
私もこのパターン大好き
hisami
2012/07/12 18:18
たまねぎのすりおろしで牛肉をやわらかくっていうのは知ってたんだけど
キウイもいいんですね!
すりおろしながら、食べちゃいそうw
ちょこママ
2012/07/12 22:56
おいしそうに育ってますね〜
増し土!!なるほど〜
やってみます。
デナーダ
2012/07/13 00:17
お肉を柔らかくさせる方法
..._〆(゚▽゚*)メモメモしときます
ゴーヤチャンプル
我が家は誰も食べないんですよ
美味しいのにね・・・
由乃
2012/07/13 07:37
たまねぎ&キウイのすりおろし、我が家でも試してみます。
ゆなママ
2012/07/13 09:47
オカワカメ可愛いねぇ〜〜
カルビってステーキ用でもカルビって言うんだね〜〜
なんか焼肉用語だと思ってた〜〜
まるおお
2012/07/13 12:00
W酵素で柔らかくなった牛肉、美味しそう!
これは豚にも適応できそうですね。
ステーキ肉が固かったギリシャやクロアチア時代に知っていたら、もっとお肉生活を楽しめたのになぁ。
今度なんちゃって焼肉をする時に試してみます。
タヌ子
2012/07/13 13:26
なるほど〜!
いつもは捨ててしまっていたキウイのはじっこ。
こうやって活用すればよかったのね。
今度試します!

スーパーには立派なゴーヤが並んでいるけど
我が家はまだまだ出来そうにありません。
なんだか食べたくなってきた。
買ってきちゃおうかな〜。
grazie
2012/07/13 20:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
牛カルビの柔らかオニオンステーキ ゴーヤーチャンプルー ♪オカワカメのグリーンカーテン♪ 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる