《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS バジル・ルッコラと手作りピッツァの晩ご飯

<<   作成日時 : 2012/03/30 11:48   >>

トラックバック 0 / コメント 6

昨日はピッツァをこねて焼き上げるまでの記事でしたので、今日は食べるところを(笑)
ハーブのサラダに生ハムを添えた1皿も作りました。

画像


 毎日の応援 よろしくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング

オーブン用のシリコンマット。生協カタログでいくつか買ってしまったものの、
天板に敷くと熱をさえぎる作用もあると使ってから気づき(爆)
お蔵入り状態でしたが、このピッツァの乗る四角い皿なんか無いので、
皿代わりにテーブルに置くのに丁度良いと気づきました。
カットしたピッツァをオーブンペーパーごと乗せて、そのままテーブルへ♪

画像



お料理記事もだいぶたまっていて、まだ記事にしていないのですが、実は今月中旬頃、
2日に分けてお料理とともに、今期最後のボージョレ・ヌーヴォを飲んだ・・はずだったのですが、
ピッツァを焼きながらワイン箱(2階にある)の中を探っていたら、また別のが出てきました(爆)

この前キャンティー飲んじゃったし、イタリアの赤ワインの買い置きは無かったよね〜。
赤ワイン、まだあったっけ〜? と、思いながら、赤を発見して取り出してみれば、
なんと忘れられていたヌーヴォ登場。

画像


だいたい3月を目安に飲みきっているので、夏越えとかさせなくて良かったです(汗)
普通にデイリーワインの買い置きですし、ワインセラーなんて無いし、
ちょっと涼し目の場所に置いているだけなので。


ピッツァはソースの乗っていないミミの部分がザクッといい感じに出来上がりました。

画像



本場の学校を出たイタリア人のピッツァ職人シェフにレッスンを受けたとき、
自分の思い描いていた、もっちり石釜系のナポリピッツァではなく、
大きく焼いて、どんどんカットしてピース売りして次々に無くなっていく
暮らしに密着しているようなタイプのピッツァで、ある意味残念な気持ちになったのだけれど、
逆にこのタイプ、お家で食べるには、いいじゃない♪とも思いました。

我が家は一般的な家庭用の電気オーブンレンジだから、
どう頑張っても石釜焼きの高温は出せないですものね。
(最近は石釜ドームな感じの製品も出てきているようですが)

もっちりタイプはそれはそれ目指して作っていますが、今回目指したのは、
粉も配合も、作り方も(私は時短で発酵させちゃってるので)シェフレシピとは違うけれど、
習った時に、同じ生地を厚めで焼くとパンっぽく、薄くするとミミが食感良くなる感じの、この薄目タイプ。
パリパリでもなく、カリッとでもなく、サックリでもなくザクザクでにないけれど、
ザクツ(!?)。そんな感じに仕上がりました。
(ちなみに私、紙のように薄く焼くパリパリのタイプのピッツァはあまり好きじゃないの)



ピッツァに乗せたバジルは、残念ながらこの季節、庭で育たないので買ってきた温室ものでしたが
リッチに乗せて、おいしくいただきました♪


ピッツァを焼きながら、すぐに作れるサラダと生ハムの皿〜。
こちらは庭の「ロケット(ルッコラ)」 と 「チャービル(セルフィーユ)」 を摘んできて使いました。

画像



ひと口大に手でちぎったサニーレタスに、同じようにちぎったルッコラとチャービル、赤ピーマンを混ぜて、
オリーブオイル、塩、ひきたてコショウ、バルサミコ酢でサックリと手で混ぜてお皿に盛り付け、
茹でたブロッコリーと、パルマの生ハムを乗せて完成〜。


画像


おいしくいただいたものの、このワインとこのピッツァとの相性は、やっぱりいまひとつピンと来なかった・・
不思議なものですね〜。

ほんとのほんとに、今期最後のボージョレ・ヌヴォでした。

・・あとは国産の新酒ワインとかいう白いのが1本残ってます(汗)









お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
写真にフレッシュなバジルが載っていたから、なんで?と(笑)
やはり、温室もの。
ボージョレ・ヌヴォ、ピッツァとの相性はともかく、今飲めてよかったですね。
応援☆☆☆
ブルー・ブルー
2012/03/30 12:46
お家にピザを焼く〜って
何かお洒落な家庭って感じ〜(笑)
我が家では無いわね〜(爆)
思い起こせば
我が家では小麦粉捏ねて生地るくるような料理は
作ってないわね
せいぜい〜お好み焼きぐらい(爆)
hisami
URL
2012/03/30 12:54
2時間という時間の中で、あれもあしてこれもして、ピザ生地を捏ねて、、、、
らいむさんらしいですね!
おかげで翌日にこんなに美味しく食べることが出来るんですね。
小さくカットするのいいですね。
かわいらしいし、食べやすいですね!
ひろりん
2012/03/30 18:12
おいしそう♪
時間がないとピザの生地からなんてとてもできない
と思っていましたが、
発酵の時間をおでかけや睡眠時間にしてしまえば、
できるものなんですね。
ボージョレ・ヌーヴォ、このタイミングでみつかってよかったですね。
grazie
2012/03/30 19:40
らいむさんのピザは本場のシェフのレシピだったんですね。
私は逆にピザ生地は薄ければ薄いほど好きなんですけど、お腹が好いてる時はちょっと厚めの生地の方が小麦粉の甘みが感じられて満足感が高まりますよね。
可愛いラベルのボジョレー、救われて良かったですね。
日本の夏を経験させたら赤ワインヴィネガーになっちゃいそうですもんね(笑)
タヌ子
URL
2012/03/31 03:31
そっか〜〜 らいむ家でもこの時期バジルは無いのですな〜〜
もっちり石釜のピザ お家で出来たらいいのに〜〜
釜は作れそうだけど 火おこしが大変だって聞くし〜〜

忘れてた食べ物や飲み物… 結構ありますよね(^^;
私もたまに確認せねば〜〜
まるおお
2012/03/31 14:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バジル・ルッコラと手作りピッツァの晩ご飯 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる