《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘エビ丸ごと活用レシピ2 冬瓜とミョウガの煮物&麺つゆ

<<   作成日時 : 2011/08/12 21:18   >>

トラックバック 1 / コメント 10

北海道のおいしい甘エビを使ったレシピ。
今回は、殻を使っておいしい出汁をとり、使います。

冬瓜とミョウガ、甘エビの殻の上品なダシで煮ました。

画像


 毎日の応援 よろしくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング


甘エビレシピ1 では、実を昆布〆にし、頭の一部を素揚げにしてご紹介しました。
今回は、たくさん作った昆布〆で出た、殻と頭の残りを活用していきます。


 殻でダシを取ります

こちらには、頭の部分は使いません。
殻の部分をじっくりと、時間をかけて、乾煎りしていきます。
エビの尾の芯の部分までパリパリになるまで、時々混ぜる程度でじっくりと。
(木ベラなどで尾の芯を押すとパリパリに砕けるようになるまでシッカリ)

画像


ふりかけの材料に使えるくらい、カリカリです。
部屋が香ばしい、良い香りでいっぱいになります。

オーブンに長時間入れても良いのですが、節電の夏。
70尾分くらいあったので、フライパンで30分くらいかかりましたが、オーブンより早いです。

この、煎った殻で、出汁をとります。

昆布〆に使った昆布は厚くて開けなかったので、
まっすぐに伸ばせる程度まで、水に漬けておき、拭いて使いました。
大きな昆布を4枚も使ったので、この漬けておいた短時間で、水には出汁が出ました。

画像
画像



この昆布ベースに、煎った殻を加えて、20分ほど煮て、漉します。

画像


昆布とエビの、上品な出汁がとれました♪



2/3の量を使って、冬瓜を炊いていきます。
冬瓜がひたひたになる程度の出汁に、酒、みりん、薄口醤油、塩で味付けし、
落し蓋(キッチンペーパー)をし、15分コトコト煮たところで、

画像
画像


ミョウガを加えて再度落し蓋をし、5分煮て火を止め、そのまま冷まして味を含ませます。
完成した料理が、↑ 1枚目の写真です。


密閉容器に入れ、冷蔵庫で冷やしておくと、暑い日にピッタリ。
もちろん、温めて、熱々でもおいしくいただけます。

画像


自家製のミョウガです。
ミョウガの香りが、煮汁にハッキリ出ますので、ミョウガを加えずに、
冬瓜だけで煮て、青ユズの皮や、針ショウガなどを乗せてもおいしいです。

冬瓜だけでなく、ナスや大根でもおいしく作れます。


 麺つゆ


昆布と甘エビの殻のダシ。残りは、みりんを加えて煮たて、醤油も加えて、麺つゆに。

画像


ビンで冷蔵庫に保存し、麺に使うだけでなく、茹でたり焼いた野菜にかけて使ったりしています。
この麺つゆで食べた素麺は、先日の こちらの記事 でご紹介しています。




 頭でダシを取ります

殻で出汁をとっている隣では、頭で出汁を取っていました。

画像


こちらも20分ほど煮て、漉します。

画像
画像



 2種類の出汁

左が殻(+昆布)。 右が頭。

画像



濃厚なミソがたっぷりの頭のダシは、使う時に薄めようと思い、少なめの水で作りました。
一度に色々は使い切れないので、頭のダシは、密閉容器に分けて入れ、
更に密閉袋に入れてから、冷凍しました。

味噌汁にしてもおいしいですし、スープやカレーに使っても♪
タイ料理にも活用できます。



お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
まだまだ元気な ナーベラー バジル  ♪羽幌の甘エビ いろいろレシピ♪
ゴーヤーはピークを過ぎましたが、7月に1本収穫したきりの ナーベラー(沖縄ヘチマ)、このまま不作に終わるのかと思いきや、 急に続々と雌花が咲き始めました。 ...続きを見る
《情熱の胃袋》〜Citrous Bouq...
2012/09/11 21:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
汁気のあるお料理は出汁やブイヨンが命ですよね。
じっくり丁寧に取った出汁を使った煮物はそれだけで贅沢な一品になりそう。
ついつい面倒で市販の出汁で代用してしま事が殆どですが、たまに自分でブイヨンを取ると、やっぱり違いを感じます。
味もそうだけど、特に香りが違いますよね。
タヌ子
URL
2011/08/13 01:30
お出汁、こんなにじっくりとったことない
最近は出汁の素ばかりで(反省)
じっくり時間をかけて作った出汁は
美味しそうですねーーー
由乃
URL
2011/08/13 06:29
じっくりととったお出汁、いい出しでているんでしょうね。
忙しさを理由についつい市販の出しのモト使っている私。反省です。

甘エビもあますとこなく使ってもらえて本望でしょうね。
grazie
URL
2011/08/13 07:50
冬瓜は今が一番ですね。
私、つい煮すぎて柔らかくなりすぎます。
毎回、主人から文句が(涙)
応援☆☆☆
ブルー・ブルー
2011/08/13 08:53
北のニシン屋さんでね こう言う殻だけ売ってて しかもお買い物したらサービスでくれるの〜〜
ちゃんと出汁でもと思うけど なかなか活用してるほどにはならないよ〜〜
この煮物ズッキでも美味しそう〜〜♪
まるおお
2011/08/13 17:57
頭だけでなく、殻からもダシが取れるとは!
このおつよ(方言?スープなど汁物のこと。)で、大きめのきゅうりを煮たらおいしいだろうなぁ〜。
ゆなママ
2011/08/13 18:57
素晴らしい!一品♡
して、器も素敵でございます〜♪
くろねこ・ぷぅ
2011/08/13 21:54
おはようございま〜す♪
今日は朝からお坊さんがいらっしゃるので
バタバタ中です(汗)
応援して帰ります
すいません
由乃
URL
2011/08/14 07:31
らいむさん☆

本物からとるお出汁は、とってもおいしいですよね〜(^-^)

それにしても、甘エビのすべてを、こんなに丁寧に調理してもらって、本望かと思いますよ〜(^_^)b
bunbunjinjin
2011/08/15 08:11
なんか愛情かんじますね〜
お味見したい!!
冬瓜いただいたので参考にさせていただきます。
デナーダ
2011/08/16 12:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
甘エビ丸ごと活用レシピ2 冬瓜とミョウガの煮物&麺つゆ 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる