《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 大きな獅子柚の収穫開始  青紫蘇の味噌漬け作り

<<   作成日時 : 2010/11/20 10:42   >>

トラックバック 1 / コメント 13

今年も獅子柚(ししゆ)の収穫時期になりました。
もちろん、無農薬・有機肥料で育てたものです。
まだ青い物もありますが、8割方黄色くなったものを採ってみました。

画像


 応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング



裏年なので9個だわ と思っていたら、13個も有りました。
これだけ巨大でも、緑色のうちは姿を発見できず、黄色くなってから
あら、あそこにも・・ と分かるものもあります。

画像
画像


↑右側の写真、枝の間に挟まれたまま大きくなってしまっています。
収穫する時、うまくいくかしら(汗) 収穫というより、救済という気も(^-^;






獅子柚(ししゆ)は、ししゆず と書かれている場合もあり、こんな姿をしていますが、
ザボンの仲間で、ユズの仲間ではありません。(去年の記事もご覧ください
香りもユズのような特徴ではなく、甘く癒される香りです。
我が家では、東南アジアで食べられている(タイではソムオー)大きなザボン系果実の
代用として、果肉をサラダなどにも使っています。
白いワタが厚く、皮には苦味が少な目で、香りの良い皮を加工して楽しんでいただける果物です。
欲しいかた、ぜひ採りにいらしてください。

画像


思ったよりも数は多かったけれど、昨年の表年には、数も多ければ重量もあって、
1kgオーバーが何個もありましたが、今年は大型のものは少なめで、
700g前後のものが多いです。


柑橘なので収穫してもしばらく室内に置いておけますが、
私もしばらく加工の時間が取れないので、自宅用の収穫は、少し先になりそうです。
花柚(はなゆ)のほうも、まだ樹上に放置中〜。



一方、こちらは、いつも12月になっても頑張ってくれる青紫蘇。

画像


街灯の正面になるため、花をつけないので、ここだけ霜で枯れるまで収穫できる場所です。
お正月にあってくれたら、とても助かるのだけれど、さすがに暖冬の年でも12月中旬頃には枯れます。

真夏のものより、葉のサイズは少し小さいけれど、十分香りよくて助かります。
今年の冬は、寒いといいますが、確かに少し葉が落ちはじめた部分も。
例年、手がまわらずに、”ぁぁ、昨夜の霜で枯れてしまったのね” と、心残りがあったので、
今年は少し、味噌漬をたくさん作ってみました。

画像
画像






半分ほど刈り取ってきました。これでも300枚くらいは取れます。
無農薬・有機肥料でも、きれいな葉でしょ♪ 
夏の後半はバッタが齧りますが、青虫は、秋までに収穫してしまう東側と違い、あまりつかない場所です。


大葉の味噌漬けは、先日ブログでも 野菜を巻いて ご紹介しましたが、
おにぎりにも海苔代わりに使いますし、あったかいご飯のおともにもおいしいです。
そして、お刺身(マグロ、白身、タコなど)を巻いたり、焼肉と一緒に食べたりもおすすめです♪

 大葉の韓国味噌漬け

韓国食品店まで買出しに行く時間が無かったので、第一希望のサムジャンは入手不可。
いつも買うメーカーではないけれど、手近で買えるコチュジャンを買ってきました。

画像



画像
画像


トゲトゲ感をやわらげて、甘味を追加 となると、やっぱり西京味噌。
というわけで、コチュジャン1:西京味噌1 キッチリ半分ずつブレンドしました。

・・ それでも、お子様にはちょっと無理な辛さ。
ご飯に乗せるとなると、 ” 辛いもの好きです〜 ” とおっしゃるかた向きです。

8枚程度の葉と味噌を、交互に何層にも重ねます。

画像
画像


小さめサイズの葉は、小さな容器に漬けてみました。


別途、ちょこっとだけ甘口も作りました。
こちらは、先日、エゴマの葉を漬けた スンチャンデンジャンをベースにコチュジャンを加えます。
スンチャンデンジャンは鍋物などに使われますが、甘味が無いので、きび砂糖と、そしてゴマ油少々。

画像
画像




こちらは、スンチャンデンジャン5:コチュジャン1 で作ったので、
辛味はほんのりになっています。


大葉の味噌漬け、うちでは冷蔵庫で保存していますが、1年以上、おいしくいただけています。
味噌漬けは、味噌をよけながら葉を取り出して使い、最後に味噌を残して、
鍋物の味付けに使ったり、お肉を炒めるのに使ったりすることができます♪

お教室の試作にも追われ、ユズの加工は、いったいいつ出来るやら・・。



お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
獅子男見参
獅子男〜〜〜〜!! ...続きを見る
鶏さん暮らし
2010/11/22 16:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
しし柚子!!
千葉に行った時に見たことがあります!
本当に大きくてびっくりしますよね!!
果肉も食べられるのですね
あれだけ大きなものの中身だから相当ボリュームもあるでしょうね!!
たきママ
2010/11/20 12:46
大葉の韓国味噌漬けがあれば、これだけでご飯が沢山食べられそうですね。
お酒のお供にもいいかも〜。

ゆなママ
2010/11/20 14:14
しし柚はザボンの仲間だから、白いワタが厚いんですね。
熊本ではザボン漬けというのがあって、白いワタの部分を砂糖漬けにします。
サムジャンは、こっちでもなかなか手に入らないけど、スンチャンコチュジャンは近所のスーパーにおいてあるから、重宝しています。
大葉の味噌漬け、いろいろ使えるんですね。植えたいけど青虫が苦手です。バッタは大丈夫だけど・・・
応援☆☆
ブルー・ブルー
2010/11/20 15:42
先月お伺いした時に、まだ緑色だった獅子柚を見て、その大きさにびっくりしました〜^^ 本当に大きいんですね!ワタの部分が多いのに1kg超えだったら、一体どんな大きさなんでしょう〜(@ @)
小さな大葉の葉もちゃんと摘んで加工されるんですね。そのマメさが素晴らしいですよね(^-^)b う〜ん、私もお庭で大葉って憧れですが、そこまでやりきれないな〜(- -;
本当にらいむさんって偉い!って思います〜。私も少しつづでも、らいむさんみたいに日々の暮らしを大切に、マメに生きたいモノです^^
おまめ
2010/11/20 21:00
大量の大葉も味噌漬けで保存食にすると、とても便利で美味しそうですね(^^♪

無農薬でも本当に綺麗な大葉ですね!
我が家の大葉は既に枯れてしまいましたが、人間の口に入るよりも、虫のお腹に入った方が多いのでは!?と思う位、虫にやられてしまいました^_^;

来年は、もう少しきちんとお手入れをして、収穫量を増やしたいです(^^ゞ
tortoiseshell
2010/11/20 22:02
うきゃぁ〜〜 獅子男〜〜!
挟まってる子ってば 困ってる感満載で可愛いなぁ〜^^ 
今年も獅子男に会えるのが楽しみです♪
色付いて初めて気付くの 解ります!家のプラムも全滅だと思ってたけど 秋になったらちょこっと生きていました。
しかも すんごく見え易いトコ…???
あぁ 柚子加工お手伝いしたいったら… もどかしいですよね
まるおお
2010/11/20 23:39
枝と枝の間に挟まれてムギュって潰された獅子柚、無事に救済してあげて欲しいけれど、かなり難しそう。
紫蘇、今の時期でも元気でいてくれるなんて健気ですね。
植えている場所によって、虫の付き具合も違うんだぁ。
家庭菜園をするに当たっては、色々場所も考えなくちゃ。
大葉の味噌漬け、大量に出来ましたね。
残ったお味噌に大葉の香りが残って、良い香りのお鍋になりそうです!
タヌ子
URL
2010/11/21 01:18
どちらも、よい香りがするのでしょうね。
好きです。そういうの

食卓が豊かになりますねぇ〜
はんまこ
2010/11/21 18:25
応援★
ひろりん
2010/11/22 06:59
らいむさん〜おはようございます♪

ボジョレー・・・・今年も美味しくわが家も頂きました♪
ライム家のような万端なお料理にはならなかったけど^^:


柚子も立派ですね〜・・・・前回頂いた柚子もとってもよい香で魚やお肉でも楽しみに頂いてますが、ドレッシングも素敵ですね!
やってみよう〜っと♪

大葉味噌・・・・これもご飯止まらずになりそうです。

大葉を買ってきて私も仕込もうと今心に決めたところです 笑

サムジャンは韓国に行ったときに、初めて食べて美味しくてお土産にたくさん買ってきました・
自宅用にもっと保存しておけばよかったわ^^:

>銭洗い弁天で洗ったから、少しはお金が増えるかしら・・・・^^
yumi
URL
2010/11/22 07:43
はじめまして

柚も おいしそうですね
そして本当に 大きくきれいな大葉ですね
うちのは ちっとも大きくなれず 虫のごはんになり
どうしたら こんなに大きく成長させられるのか うらやましいです。
ちゃ
2010/11/22 11:08
お忙しい中のハーブなどの加工、お疲れ様です。
でも、ず〜〜〜〜と、美味しいものを食べられるから
頑張らないと、、、って、感じですね。
ひろりん
2010/11/22 20:46
ちゃ さん。はじめまして。
こちらは1日中日当たりの良い場所なので、葉は固めのため、
夏はこちらではなく、東側などの午前中しか日の当たらない場所の
紫蘇を食べています。
そちらは時期的に蛾の幼虫がたくさん発生しますので、
1日おきに捕殺して歩いています。
ブログをお持ちでないかたへは、お返事にうかがえませんが、
またお気軽にコメント残していってくださいね♪


ちゃ さんへ
2010/11/22 22:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大きな獅子柚の収穫開始  青紫蘇の味噌漬け作り 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる