《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶏レバーのスパイス煮 わさび塩でホタテの刺身

<<   作成日時 : 2010/04/26 14:59   >>

トラックバック 0 / コメント 20

年明けの、浜松うなぎ&富士宮ヤキソバツアーで買ってきた「わさび塩」
ようやく使い始めました。

画像


< メニュー >
・揚げ春巻 タマリンドソース添え
・おさしみチーズと野菜のサラダ
・鶏レバーのスパイス煮
・ホタテの刺身 わさび塩で


 揚げ春巻は、春雨や野菜の入った中国タイプ。
 タレはタマリンドを使ったタイの味。 甘酸っぱく仕上げてあって、レッスンでも人気の味。

 おさしみチーズは以前の記事でご紹介したもので、あっさりとしています。
 野菜室の残り野菜(トマト類、グリーンカール)と庭のルッコラでサラダにしました。


月に何度か、レバーが食べたくなるときがあります。
(そういえば昨夜も、レバ刺しをガッツリ食べに行ったところで・・)
鶏レバーは、新鮮なものを買ってくることもあるけれど、
パスシステムの冷凍品を買っておき、食べたいと思った時に活用しています。
今回は、そんなパルの冷凍品。レバーとハツのミックスタイプです。


 鶏レバーのスパイス煮

画像
画像


ニンニク、ショウガ、青唐辛子、ウスターソースと香り豊かに仕上げます。
ウスターソースはスパイスたっぷりの調味料。そこへ更に、フレッシュな香りを追加です。
ごはんのおかずにも、お酒のオツマミにも。

・レバーは食べやすい大きさに切り、ハツは余分な脂肪を取り除いて
 縦半分に切り、血合いなどがあれば取り除き、軽く水に晒すように洗う(1)
・ショウガ1片は洗って皮ごと千切りにし、青唐辛子1〜2本は細かい小口切りにする(2)
・鍋に(1)(2)と、包丁の腹で軽く潰したニンニク1片を入れ、ウスターソース大さじ2、
 赤ワイン1/4カップを加えて火にかけ、煮立ったら弱火にし、汁気がほとんど無くなるまで煮る

ビールも、ワインも、ご飯にもパンにも・・ そんな小鉢です♪



  ホタテのお刺身を、” わさび塩 ”で。

 着色料や化学調味料を使っていない、昆布の入ったお塩です。
 白身魚、ホタテやタコなど、さっぱり系のお刺身との相性が良く、
 けっこうツーン と、きます。

画像
画像



 最近、ワサビのツーンが食べられない若者が増えているのだとか。
 居酒屋では、タコワサビなるオツマミ(私は得意じゃない味)が
 ヒットしたのは、 もう1昔くらい前だったのかしら・・。
 ワサビの鼻にくる辛さは、私たちの時代は外国のかたが苦手とされていたのだけれど、
 日本のハーブ「ワサビ」の文化、続くことを願います。

 ちなみに、ワサビや和芥子でツーンと着たら、すぐに口をあけて ”ハァーッ” と
 息を吐くと、辛味の成分が抜けていくのだそうです。
 お寿司やさんで、時たま、キター! という事、ありますものね(笑)



 麺がすすれなかったり(すすることで中から鼻に抜ける香りは味に大きく関わる)
 ワサビが食べられなかったり(子供の頃からの習慣も関わっていると言っていたような)
 日本人は、徐々に体が使える機能を最小限にしていっているのだろうか(謎)

 食の外部への依存率が高い現在、家庭での手作りが減り、カロリーや塩分の過剰摂取、
 野菜不足、場合によっては味覚障害やメタボリックシンドローム、高血圧など、健康にも影響が出ることも。
 1食1食の積み重ねが、毎日体の細胞を作り、将来の健康状態に関わってくる。
 昔、病気になったら10年前の食生活を振り返れという言葉を聞いたことがあります。
 とはいえ、忙しく不規則になりがちな現代、外食や持ち帰りと、手作りの家庭料理。
 日によって使い分け、うまくバランスを取って暮らしていけるといいですよね。
 




☆ 今月の山も越えました〜 毎日の応援クリックをありがとうございました ☆
  ランキングに参加しています 応援の1クリック宜しくお願いします 
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ料理教室ランキング



ファイブスタイル ブログランキング

お返事代わりに皆様のブログへ訪問させていただいております♪応援☆宜しくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ人気ブログランキングへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング

ブログ内の画像やレシピ、文章などについての著作権は「Citrous Bouquet」に帰属します。
無断での転載等はご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
レバーのスパイス煮、さっそくやってみます

食のこと、しみじみ考えさせられます。
外食はたまにの我が家ですが、そうなると私の作る食事が重要なんだな〜と。
家族のため、自分のために、がんばらないと、、、
ひろりん
2010/04/26 16:41
レバーは甘辛く煮たことしかないです。
いろんな食べ方があるんですねえ。
ウスターソースで、作ってみたくなりました。
応援☆☆
ブルー・ブルー
2010/04/26 17:03
私・・・・
レバーが苦手
普通のお肉でもいいのかな?
毎度の夕食に泣きが入ってます
16歳の姪っ子とジッちゃんの食事のバランスが大変
家でしてやる〜
ε=ε=ε=ε=\(;´□`)/
みゆきママちゃん
URL
2010/04/26 17:09
日本には色々なお塩があるもんですね。
こちらではハーブ入りのお塩ぐらいかな。
麺をすすれないとそういうマイナス点があるんですね。
知りませんでした。
私も外国生活が長くなり、気がつくと麺をすすってないことがあります。
一人で食べるときは豪快にズルズル食べようと思いつつ、習慣って恐ろしいですね。
日本は特にお弁当やお惣菜などの持ちかえり食品が美味しいのが、料理離れに拍車をかけてしまうのかも知れませんね。
どんなに美味しくても持ちかえりの物は味付けが濃いから糖分も塩分も多め。
忙しい主婦は作り置きして冷凍するのが一番かな。
タヌ子
URL
2010/04/26 17:27
レバーのスパイス煮、美味しそうですね。これならレバーが苦手の方も美味しく食べられそうだし、私ならビールが進むこと間違いなしです(^m^)
ああ、わさびが苦手な若者...私も先日テレビで見ました。なんで〜?って感じですよね。うちのわさびの消費量ったら...ないと困る調味料の1つです。
でも確かに自分が子どもの頃より、食生活ってだいぶ変わっているなぁと思います。豊かになって良くなるはずが、逆の面ばかり目立ちますね。時間がなくて食生活がおろそかになってしまう方は仕方がないけれど、食(食べること・作ること)に興味がない人が増えているのが怖い気がします...。
おまめ
2010/04/26 18:46
食に関する仕事をしていると、
広い意味での食育を考えさせられますよね。
持ち帰りの惣菜や弁当の需要がどんどん増えているようですが、
安くて早くが優先されてしまうと、高カロリーで味付けの濃いものも多いので、
食材を選んで、栄養バランスよく、
そしておいしく調理して、又はそういう料理を選んで食べることの
出来る力が、低下していってしまうように思います。
うちの教室では、主婦のかたに比率が高いのですが、
あまり料理をされてこなかったというかたもいらっしゃいます。
今の若い独身女性たちの親世代のかたが、
手作りの良さやおいしさを知って、実践してくださるといいなぁと、
常々思っています。

らいむ
2010/04/26 19:47
ブルー・ブルー さん

ウスターソースに月桂樹の香りも
バッチリ合いますよ♪
らいむ
2010/04/26 19:48
みゆきママちゃん

豚肉もいい感じになると思います。
ブロックで少し脂のある肩ロースを買ってきて、
角切りにして煮てみてはいかがでしょ♪
らいむ
2010/04/26 19:50
タヌ子さん

塩は今や、各地で特産品やお土産品として、
とても多くの商品が出回っていますが、あれこれ買ってしまうと
なかなか使い切れないので、こういう小さなサイズのものだと便利です。
ワサビもハーブだから、これもハーブ塩になりますね♪

持ち帰りの惣菜は、おいしい物もたくさんあるのだけれど、
味が濃いものも多くて、買ったはいいけれど、食べられなかった
経験もあります。
その濃さに慣れてしまったら、四季の素材の香りを味わう料理なども、
おいしいと感じられる人が減ってしまうのかもしれませんね。
らいむ
2010/04/26 19:57
おまめ さん

昔は自宅の手作りか、ご近所の個人商店からの
出前くらいなもので、手作り感たっぷりのご飯でしたよね。
ファストフードに続き、コンビニやファミレスが身近に出来てから、
もちろん色々な面で恩恵も受けいるのだけれど、
便利ならば、安ければ が、食にも優先されることが
増えてきたような気もします。

個人の考えかたには色々あるので否定するものではないけれど、
味も栄養も考えていない、感じていない。
そんな食事を、毎日3回、死ぬまで繰り返すのは、私には耐えられないわ〜。
実際、体調に影響もあるからこそ、野菜1日350gも、
しつこく言われるようになったのですものね。

らいむ
2010/04/26 20:06
私も、妙にレバーが食べたくなることがあります。
あれは何ですかね。血が足りないんでしょうか。
夫は「そんなのなったことない」って言ってましたが。
私の場合、鶏レバーの甘辛煮か、レバニラ食べてますが、スパイス煮、美味しそうですね。
確かにワインにも合いそう。
あずきねこ
2010/04/26 21:22
レバーのスパイス煮……またひとつ作ってみたいものができました。
レバーといえば、作るのはほぼレバニラだったので(笑)
ワサビけっこう好きなので、食べられない若者が増えてるなんてびっくり。
子供の頃は苦手でしたが(笑)
一食一食の積み重ね…まさしくそうですよね。
特にひとりごはんは、いつも手軽なモノを食べようとするので
やっぱり気にしていこうと思います。
ひかり
URL
2010/04/26 23:17
あずきねこさん

ほんと、どうしてかしらね〜。
やっぱり女性のほうが、体が鉄分などを
欲しくなることがあるのかしらね(^-^)
らいむ
2010/04/27 08:51
ひかりさん

レバニラも定番ですよね♪ 私も大好きです。
ワサビ好きのかたがここにいらっしゃって、ひと安心♪
私は外食も好きなので、1週間の中で、バランスが
取れるように、家庭料理で野菜をシッカリとったり
するように心がけています。
らいむ
2010/04/27 08:54
10年後が怖いよ〜〜
ここのトコロ 飽食&外部依存が多いですぅ〜(昨日のお総菜はお気に入りの手作り惣菜屋さんのだから良いか…)
レバー やっぱどうやっても嫌いなんですけど普通に食べれるし食卓に出ます。でもどうせ食べるなら好きになりたいなぁ〜〜 
まるおお
2010/04/27 09:37
まるおおさん

そんな短期間のことで、10年後に影響は出ないかと(笑)
現代、外部依存0というかたは、ほんの限られた一部のかたですし、
手作りだからといって、1皿料理や丼ばかりで
偏っている食事なら、同じことですものね。
家庭の台所は、女性が任されることが多いので、
なんか、みんなでちょっとずつ、気持ちの芽を育てられたらいいですよね〜。
レバーが苦手でも食べられることは良いことですよね。
嫌いだと、ひと口も無理だというかたも多いですから、恵まれてますよ♪
らいむ
2010/04/27 15:07
レバーのスパイス煮いいですね。
家でも作ってみようっと♪

我が家のチビ(小6・息子)は 去年あたりから わさびや和芥子や唐辛子が
平気になりつつあります。
ピリ辛解禁になったので 最近は豆板醤やらわさび風味だのも食卓に上がるようになってきました♪
子供だから食べられないんじゃなくって 大人になっても食べられない人が
いるなんて ちょっと驚きです^^;
あぐり。
URL
2010/04/27 23:55
私は唐辛子はダメだけど、わさびは大好物です。
お刺身にはもちろん、お肉にもつけて食べたりしますよ。
大人になってもサビ抜きでってお寿司頼む人を見るとちょっと
がっくりしますが、味覚だからしかたないかなぁ。
kiyo
2010/04/28 13:08
あぐり。さん

私たちが子供の頃は、親戚の集まりに出前されてくるお寿司も、
サビ抜きなんて甘いものじゃなく、
自分でワサビを取り除いて食べてたり、
あまり過保護にされてこなかったのが良かったのかしら(爆)
お子さんも、ワサビ食べられるんですね♪
頼もしいです(^-^)
らいむ
2010/04/28 18:48
kiyoさん

食習慣の中に無かったり、
大人の味覚になるにつれて試したりを、
してこなかったのかもしれませんね。
私も牛や鳥にワサビも、よく使ってます♪
らいむ
2010/04/28 18:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鶏レバーのスパイス煮 わさび塩でホタテの刺身 《情熱の胃袋》〜Citrous Bouquet別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる